多忙な育児の強い味方!知っておくと安心の病後児・病児保育とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加

保育園などに子どもを預けて働く親にとって、子どもが病気になったときの対応はとても大変で、最大のハードルとも言えるのが「子どもが病気の時の預け先」です。

風邪や下痢嘔吐症などは日常的にかかる可能性が高く、そのたびにいつも仕事を休むのはなかなか難しいという現状もあります。 急性期を過ぎて回復期に入ると子どもは元気を取り戻しますが、通常の集団保育にすぐに戻ることが難しい場合があり、そうしたときは親が仕事を休んで診ることになります。 こうしたときに病気回復期のお子さんで、集団保育が困難な期間を病児・病後児施設で一時的に預かる保育サービスがあります。 看護師や保育士など専門の職員が担当し、病気や体調に合わせて安静を保ち、静かな活動での保育がなされているので、仕事に行くにあたってもとても心強く、安心です。

共働きが一般的になってくる中で保育サービスへの注目が高まり、「病児保育」という言葉を聞く機会も増えていますが、まだハッキリとどういう保育をしてくれるのか、病後児保育とどう違うのか良く分からないという方もいらっしゃるのではないでしょうか?

そこでこの記事では子育てと仕事の両立支援事業である「病児・病後児保育」についてご紹介します。

(フローレンスさんの病児保育紹介ムービーもサービス内容が伝わってきますのでご紹介します。)

目次

1. 病児保育と病後児保育

2. 自治体など公的機関に関係する病児保育

3. 民間サービスとしての(訪問型)病児保育

4. まとめ: 様々な種類の病児保育サービスを知っておくことが、いざという時の安心につながる!

1. 病児保育と病後児保育

1-1. 病後児保育とは

一般的には、普段保育園に通っている子どもが風邪など入院治療の必要ない軽い病気にかかり(あるいは回復期にあって)集団保育に戻るのが不可能な場合に、保護者に代わってその子どもを預かり、世話をすることを意味します。

1-2. 病児保育と病後児保育では、まず保育対象が違います

病児保育と病後児保育では、その保育対象としているお子さんの状態に下表のような違いがあります。

病児保育と病後児保育の保育対象
病児保育 症状の急変はないもののまだ回復期ではない子どもが対象 病気の回復期(症状が安定して、回復に向かっている時期)に至っていない病中の状態であり、入院の必要のない子どもで、医師から病児保育が可能と診断された子どもを預かります。
病後児保育 回復期であるものの集団保育が難しい子どもが対象 病気の回復期にある場合で、入院治療の必要はないが、安静を必要とする、まだ集団保育は難しい子どもで医師から病後児保育が可能と診断された場合、一時的に預かります。

これらの保育は看護師や保育士を配置して、保育園や病院やクリニックなどに設置された専用のスペースで行われています。 普段通っている保育園やかかりつけのクリニックにこうした保育施設が併設されている場合があるかもしれません。

2. 自治体など公的機関に関係する病児保育

病児・病後児保育は、自治体などの公的な機関によってその地域の保育サービスとして、看護師、保育士など専門スタッフによる少人数で施設での保育やファミリーサポートなどで運営もしくは支援されていることが多くあります。

役所での事前登録が必要で、予約当日はかかりつけ医などの医療機関での受診が必要な場合が多いですが、比較的安価にサービスを受けることができます。

2-1. 公的機関の定める病児・病後児保育対象とは?

これらの保育サービスを受けるにあたって、子ども、保護者、疾患について以下のように対象が定められていることが一般的です。 こうした子どもや保護者に関する対象条件は、通常の保育園入園と類似しています。

2-1-1. 子ども

サービスを行っている自治体に住んでいる、保育園に通っている子ども

2-1-2. 保護者

仕事、疾病、出産、冠婚葬祭などによって子どもを家庭で診られない状態にある保護者

2-1-3. 疾患

感冒(風邪)、下痢嘔吐症など乳幼児が日常的にかかる病気などいずれも回復期に至らないが急性期を過ぎていて、病気の急変が認められない場合。

ここで病児保育と病後児保育で受け入れ対象となる疾病の違いをいくつかあげてみます。 以下の表は、自治体が行っている病児・病後児保育事業での受け入れ対象疾病の一例です。 病後児保育では「病気の回復期以降」、病児保育では「病気の初期から病中」となり、受け入れ対象疾病が厳密には異なることがわかります。

受け入れ可能な症状
対象疾病 病後児保育 病児保育
風邪やおう吐下痢症など乳児が日常的にかかる疾病 病気の回復期に至っていて、主な症状が治まり安定している場合。体力低下など通常の集団保育に戻るのが困難な場合。 病気の急性期(初期)から回復期まで。入院や点滴治療が必要な場合は受け入れ不可。
感染症 主治医がうつる心配がないと判断した場合、おおむね登園停止期間を過ぎている、またはそれに準ずると主治医が判断した場合。 隔離室などの環境が整っていて、医師が保育可能と判断した場合は急性期であっても受け入れ可能。麻疹や流行性角結膜炎(はやり目)など非常に感染力が強い病気の場合は受け入れ不可の場合がある
喘息などの慢性疾病 発作が治まっているが、集団保育に戻るのが困難な場合 発作が続いていても比較的軽症であれば受け入れ可能
火傷などの外傷性疾病 症状が固定しているが集団保育に戻るのが困難な場合 症状が続いていても比較的軽症であれば受け入れ可能

施設での保育が中心なこともあり、 自治体または自治体からの委託を受けて行っている病児・病後児保育事業では、病気の回復期に至っている子どもを預かる「病後児保育」がメインとなります。

「病児保育」では、隔離室などの環境が整っている場合、病中(病気の初期~)の子どもも保育可能としていて、病後児保育の対象にはならない水ぼうそうや風疹などの感染症疾病も医師の判断が保育可能であれば預けることができます。 しかし、麻疹(はしか)、結膜炎など感染力が非常に強い疾患や高熱の場合などは受け入れできないこともあります。 隔離室の数も限られているので受け入れ可能な人数はかなり少なく、希望した日に保育してもらえるとは言いきれないようです。

2-2. 利用時間や料金

土日祝日を除いた月曜日から金曜日(土曜保育がある施設もある)の午前8:00~午後6:00の間で、一日の利用料金が2000円というケースが多いようです。1年ごとの登録更新が必要な場合もあり、その場合は登録料として2000円程度の支払いもあります。

保育時間については子どもの体調と通常の申請保育時間を考慮に入れて決定されるようです。この他に給食費などがかかる場合もあります。

2-3. ファミリーサポート事業

2-3-1. ファミリーサポート事業とは?

ファミリーサポートとは、自治体または自治体からの委託を受けている「ファミリーサポートセンター」や「緊急サポートセンター」などが行っている「相互援助活動」の一つです。サポートを受けたい人、サポートをしたい人がそれぞれ会員になり、地域での子育てを互いに支え合っています。「ファミサポ」と略して呼ばれることもあります。

2-3-2. スタッフと利用料金

ファミリーサポート事業での病児・病後児保育についても施設での病児・病後児受け入れ基準に準じた形でサービスを行っている場合が多いです。 その場合、基本的には子どもの自宅に養成講座や研修を修了したサポート会員が出向いて一対一で訪問型の保育を行います。

一時間当たりの利用料は1000円ほどの場合が多いようです。

2-3-3. ファミリーサポートの対象者

受け入れ対象の疾病は、施設での病児・病後児保育と同様に、子どもが病気または病気の回復期で症状は安定しているが集団保育に戻るのが困難な場合となっています。 加えて事前に医療機関を受診し、医師の診断が必要で、症状によっては医療機関を受診しても保育ができない場合もあります。

事前に自治体への病児・病後児保育登録を行っている必要があります。

3. 民間サービスとしての(訪問型)病児保育

民間の株式会社やNPO法人なども病児保育サービスを提供しています。 この場合、一対一対応の訪問型で、病気の子どもの自宅に専門スタッフが訪問し、病児ケアを行うのが一般的です。 病気の子どもをケアするベビーシッティングという位置づけです。

3-1. 対象となる疾病

対象となる疾病とその症状としては、病気の急性期から回復期まで、重症でなければ感染症の受け入れも可能となっています。 おおまかには「風邪やおう吐下痢症など乳幼児が日常的にかかる病気の急性期から回復期まで」、「重症でない水ぼうそう、おたふく、プール熱などの感染症の 初期から回復期まで(病中)」です。

自宅で一対一での保育なので他の子どもへの感染の心配がないこともあり、かなりは幅広い疾病の受け入れが可能になっています。 また、民間のサービスということから予約受付時間が長い、当日予約対応が柔軟である、延長などのオプションが多いなどが特徴としてあげられます。

3-2. 民間病児保育のサービス例

以下に民間の保育サービスの例をご紹介します。

民間病児保育サービス例
項目 M社の例 H社の例 非営利法人フローレンスの例
保育の場所 子どもの自宅.有資格者、子育て経験者など研修を修了した専門スタッフによる訪問保育. 子どもの自宅.有資格者、子育て経験者など研修を修了した専門スタッフによる訪問保育. 子どもの自宅.有資格者、子育て経験者など研修を修了した専門スタッフによる訪問保育.
保育対象の症状(例) 水ぼうそう、おたふく、プール熱などの感染症も受け入れ可(その場合でも麻疹や新型インフルエンザは保育受け入れが不可となる場合があり).投薬対応可. 麻疹、水ぼうそう、インフルエンザなどあらゆる感染症も対応可能.投薬対応可. 水ぼうそう、インフルエンザなど感染症も対応可能.投薬、坐薬対応可
保育時間 月曜日~金曜日.土日祝日対応可.延長有り 365日対応可.延長有り.平日の夜間対応有り. 月曜日から金曜日のみ.延長有り.
サービスの特徴(対応可能サービス例など) 当日(朝9:00以降の連絡~)の予約OK.発熱などによる保育園からのお迎え要請によるお迎え代行.病院への付き添い.急な残業.加算料金なしで家事代行サービス追加 当日予約OK.通院同行.検温結果の定期通知.病状が変化した時、会社に常駐している看護師からのアドバイス有り 朝8:00までに受けた依頼は100%対応可能.当日予約OK.かかりつけ医の代行受診.ドクターによる往診あり(地域限定).往診時に鼻吸いや吸入の実施あり.家事代行サービスなし.
対応するスタッフ 社内研修を修了したケア専門スタッフ(病児ケア、チャイルドケア、家事支援).看護師有資格者によるケア対応有り(基本料金に2500円加算) 社内研修を修了したケア専門スタッフ(ベビーシッティング、病児保育、その他保育関連) 病児保育専任スタッフ.社内研修、ブラッシュアップ研修、グループ研修などあり
事前登録の流れ 資料請求→必要書類提出→入会金の支払い後正式会員→利用開始 パソコン、ファックス、郵送で申し込めば登録完了.無料登録が完了していれば、予約依頼の電話をしたその日からのサービスを受けることが可能 入会申し込み後事務局で健康チェック→説明会参加→利用開始
料金体系 年会費8000円を支払うことで病児ケア、チャイルドケア、家事代行のサービスを受けられる.ケア1時間あたり2580円(関東).スタッフの交通費は別途負担.※1回の利用は2時間以上、15分単位で課金.※この料金は病気ではない時のケア、家事ケアのみでも同額.※追加料金なしで家事代行もOK 入会金21000円.定期利用月会費945円.10時間パック15000円.通常料金1時間当たり1780円、1回あたり2時間半以上から.スタッフの交通費は別途負担.深夜保育あり(別途加算) 入会金21000円.変動制月会費(5000円~20000円で)で3か月に1回利用頻度に応じて会費を見直す.ケア1時間当たり2100円.スタッフの交通費は別途負担.※月会費はその月の保育料1回分に充当するので、その月の最初の保育は実質無料.※3か月に一度、年齢や利用回数を元に試算し直し、月会費の見直しあり
キャンセル料 依頼日の前日からキャンセル料発生.土日祝日のキャンセル、変更は不可 前日(保育料の50%)、当日(100%)共にキャンセル料発生 保育予約当日の7:00までキャンセル料無料.当日7:00以降、当日予約でスタッフ確定後のキャンセルは有料
※記載のサービス内容は各事業者さんにご確認ください。

4. まとめ: 様々な種類の病児保育サービスを知っておくことが、いざという時の安心につながる!

4-1. 公的な機関の病児・病後児保育のポイント

  • 公症状が安定した軽い病気の子どもを預かる「病後児保育」がメイン
  • 病気の初期、急性期、感染症に対応する病児保育はとても少ないのが現状
  • 空きがないことが多く、利用したい日に使えないケースも多い。
  • ファミリーサポートは、自宅に来てもらえるので助かるが、タイムリーに使うのは難しい

病気が安定し、回復期に入っている、元気にはなっているが体力の低下や食欲不振などがあるためいつも通っている集団保育の場に戻すことが困難な場合の一時保育と言う位置づけです。 風邪はほとんど治ったが、少し元気がない、少し咳が出るといった状態で何日も仕事を休むのはとても大変です。 そういった時に保護者に変わって安静を保ち、静かな遊びをしながら保育をしてくれる病後児保育のおかげで仕事を休まずにすんだという声が多く聞かれます。

ただ、病気の初期、急性期、感染症の子どもを預けられる病児保育はとても少ないのが現状です。 隔離室が備わっている施設では急変の可能性がない、入院の必要がない子どもの場合は回復期に至っていない風邪や感染症でも預けられる可能性はありますが、定員数が非常に少なく、利用したい日に定員に空きがないことも多いようで、結局保護者が仕事を休んで自宅で保育をするというケースが多くなっています。

ファミリーサポート事業の中にも病児・病後児保育の制度があります。 会員同士が同意して初めてサポート会員が訪問する仕組みなので、こちらも100%利用可能というわけではないようです。 加えて、軽い病気の子ども対象という傾向が強いのでやはり急性期や感染症で登園停止期間が終わっていない場合はタイムリーに利用することは難しいでしょう。

公的機関のサービスはまだ施設数も定員も少ないですが、少人数での保育は同年代の子どもがいる温かく楽しい環境で過ごせるメリットも多く、病気の時も楽しく通える、子どもが嫌がらないといった声も多く聞かれます。 ファミリーサポートの場合は、自宅に来てもらえるので具合が悪くても落ち着いて過ごせて助かるという保護者もいます。 いざという時のために保育園などへの集団保育が始まったら、役所などでの事前登録をしておき、公的サービスの病児・病後児保育、ファミリーサポートの利用ができるように備えておくことをお勧めします。

4-2. 民間サービスとしての病児保育のポイント

  • 緊急の時の依頼でも対応可能な場合が多い。
  • 公的サービスと比べると費用が高くなりがち。
  • 自宅での一対一保育、病院受診の代行も可能、長時間の保育時間設定など保護者のニーズに幅広く対応。

子育てと仕事の両立支援サービスの一つとして病児保育を行っている民間の株式会社やNPO法人などが増えてきています。 民間の病児保育は緊急の時の依頼でも対応可能な場合が多いので、ぜひ知っておきたいサービスです。

運営母体は株式会社やNPO法人など様々で、サービスの仕組みにもそれぞれの特徴があります。 ベビーシッターや家事代行といった従来の訪問型サービスの一端として広まりつつある民間の病児保育は、病気の時でも安心して過ごせるように自宅での一対一保育、病院受診の代行も可能、長時間の保育時間設定など保護者のニーズに幅広く対応しています。

ただ、入会金、月会費、1時間当たりの保育料、スタッフの交通費などかかる費用が高くなるというのも公的サービスと異なるポイントです。 その分、保育園からの連絡を受けてのお迎え対応、病院受診代行、家事代行など担ってもらえる内容も幅広いので、安心感と便利さを考えると相応の費用とも言えます。 また、共済型で費用負担を軽減し、利用しやすい工夫がされているNPOもあります。

4-3. 子育てと仕事の両立支援事業としての病児・病後児保育

サービスそれぞれに特徴があり、ご家庭の事情で合う合わないということがありますのでサービスを併用したり、使い分けたりしながらご自身の希望にかなう病児・病後児保育の形をみつけていくことをお勧めします。 子育てと仕事の両立を考える時、いざという時に頼れるサービスを公的、民間の区別をせずにいくつか知っておくと安心です。

「病み上がりだから一緒にいてゆっくりさせてあげたい。でも仕事を休めない」、「代わりに保育を頼める人もいない」といった保護者の方々の大変さをサポートするのが病児・病後児保育事業です。 病気で体調が悪い時は親が恋しく、気持ちが不安定になったり、病院に行くこと、服薬や注射などいつもと異なることが多くなったりするので、泣くことも増えます。 そんな時でも専門スタッフが温かく迎えてくれる、リラックスして、ゆっくり過ごせる、安静を保ちながら好きな遊びをしながら体調を整えられる病児・病後児保育は病気の回復、そして子育てと仕事の両立には欠かせない保育サービスと言えます。

子どもの健康で安全な生活と健やかな成長、子育てと仕事の両立が実現するように、こうしたサービスがさらに充実していくことを願っています。