高いベビーシッター料金の節約に必見!お得な4つの料金補助、割引券

このエントリーをはてなブックマークに追加

ベビーシッターや病児保育が使えると助かると分かっているのに、料金が高くて負担が重過ぎてどうしても使えないと感じている人は多いのはないでしょうか?ここでは、そんな方に向けたベビーシッターや産前産後ケア、病児保育など育児支援サービスの利用を助ける補助制度や割引券、クーポン券をご紹介します。 色々な種類がありますので、既に補助金のことは知っていると思っている方も見逃しているともったいないので是非もう一度確認してみてください。

目次

1.ベビーシッター育児支援事業(こども未来財団)

2.双生児等多胎児、 産前産後休業時育児事業(こども未来財団)

3.市区町村など自治体からの育児補助制度

4.企業の福利厚生として登録されているサービスの育児補助割引券

5.ベビーシッターなどの育児支援サービス補助料金のまとめ

児童手当法に基づき、厚生年金の基金から子ども未来財団が運用しているベビーシッターなどの育児支援事業。厚生年金に加入している事業者を通じてベビーシッターを雇用する費用(利用料金)に使える割引券を配布しています。割引券の申し込みは勤務先の会社が行うことになっています。認定後に申し込むと割引券が勤務先に発券されますのでそれを提示して利用することになります。

ベビーシッター育児支援事業の割引額

1日1回の利用で料金1700円の割引

割引券の注意点

この割引券を使えるのは、厚生年金の被保険者となる企業の従業員や私立学校の教職員に限られ、公務員や自営業者はこの割引券を使えません

割引券の使用は小学校3年生までの児童の在宅保育サービスに限ります。

割引券は、原則両親共働きの場合に使用可能となりますが、配偶者の入院などにより在宅保育サービスを利用しないと就労できない場合は使用することができます

割引券は、こども未来財団が認定したベビーシッター事業者でしか使えません。

( 残念なことに、国庫補助金による事業であるベビーシッター育児支援事業は、平成27年3月31日をもって終了することとなりました。割引券の使用期限は、平成27年3月31日(火)まで。割引券の申込受付は、平成27年2月20日(金)まで。厚生労働省の発表によると、「ベビーシッター育児支援事業」は次年度からは給付対象に所得制限があり、また事業者が公募で選定されるようです。
追記→平成27年度は「公益社団法人全国保育サービス協会」が事業者に決定しました。給付制限は平成26年の給与収入が960万円未満。4月中は割引券の発行が間に合いませんが、給付条件を満たしていれば、後からの払い戻しもあるようです。)

→「ベビーシッター派遣事業」について 厚生労働省の発表があり、平成28年度からこちらのベビーシッター派遣への補助金および後述の多胎児向けの補助金は厚労省から内閣府での取り扱いへと変更になるようです。

平成28年度は、所得制限なし。1回あたりの割引額は2200円となる予定

割引券の発行が間に合わない期間の払い戻しもあるようです。領収書を受け取って保存しておいてください。

子ども未来財団では、産前産後期や双生児のご家庭にも割引券を配布しています。こども未来財団に割引券申込を行うことで送ってもらえます。

産前産後休業時育児支援事業の割引額

利用料金から1700円の割引。1日1回年度内に4回まで。

双生児等多胎児家庭育児支援事業の割引額

義務教育就学前の多胎児が2人の場合は9,000円、3人以上の場合は18,000円。1日1回、使える回数は最大年度内に4回まで。(一人親家庭か介護を受けている人がいるかなどにより変わります)

割引券の注意点

この割引券を使えるのは、厚生年金の被保険者となる企業の従業員や私立学校の教職員に限られ、公務員や自営業者はこの割引券を使えません

割引券は、こども未来財団が認定したベビーシッター事業者でしか使えません。

上述のベビーシッター派遣補助金と同じく子ども未来財団からの給付ではなくなっていますが、厚生労働省の発表の通り、平成28年度から厚労省から内閣府での取り扱いへと変更になるようです。所得制限はなし。1回あたりの割引額は多胎児2人:9,000円、多胎児3人以上:18,000円となる予定です。

市区町村など自治体からの育児補助制度

お住まいの自治体によっては、ベビーシッターなどの利用に使える補助を行っています。役所への届け出時などに説明を受けることが多いとは思いますが、聞いたことがない方は自治体に問合せしてみることをお勧めします。

ここでは自治体から発行されている割引券の一例をご紹介します。

杉並子育て応援券

杉並区では「地域のみんなで子育てを応援し合い、乳幼児をもつ親子が気軽に外出し、子育て家庭が地域の中でいろいろな人と関わりながら子育てできるまちづくりをしていきたい」との目的のもと、一時保育、子育て講座、親子参加行事などの有料の子育て支援サービス料金に利用できる券(チケット)を、就学前のお子さんがいる家庭に発行しています

有償無償チケットを2歳児までは合わせて最大40000円、3〜5歳児は最大20000円の割引券が受け取れます。

  • 無償応援券

    無償で受け取ることが出来る応援券。出生時に受け取ることができる「出生時用」と、0~2歳児のいる家庭に年1回交付される「0~2歳児用」があります。保護者が3か月以上区内に住んでいることが条件です。

  • 有償応援券

    1冊10,000円分(500円券×20枚)を、3,000円で購入できる応援券。交付回が年に3回あり、区内在住で就学前の子どもがいる家庭が購入できます(出生時は除く)。

渋谷区、病児・病後児保育利用料金の助成

区内在住で、認可保育園・認証保育所・保育室・東京都に届け出済の認可外保育施設のいずれかの施設で、 通常保育(一時保育を除く)を受けている乳幼児(幼保一元化施設においては、長時間保育児のみ対象となります。)を対象として、病気やケガでベビーシッターなどのサービスを利用した時に、その料金の一部を区が助します

サービス利用1時間につき料金1000円の助成、年度内の上限50000円。

世田谷区さんさんサポート(子育て支援ヘルパー派遣)

世田谷区にお住まいの出産前、出産後の子育て家庭で妊娠届の届出日から出産後1年まで、家事援助または育児補助

1回2時間、無料でサービスを利用可能。お子さん一人三回まで。

こちらで世田谷区の子育て支援情報をご確認できます。

新宿区ひとり親家庭家事援助者雇用助成

区内に住所があり、かつ義務教育終了前(中学生の場合はひとり親になって6ヶ月以内の家庭)の児童を扶養しているひとり親家庭の方で、他に家事を行う人がいない方にむけて、ホームヘルパーやベビーシッターを雇用する費用を助成しています。

所得に応じて、助成額(自己負担金)は異なります。

豊島区としまいっしょに子育て 育児支援ヘルパー事業

産後おおむね2年の間、育児の相談をお受けし、保護者の体調不良などで手助けが必要なご家庭にヘルパーを派遣

一回2時間〜4時間、1時間料金900円で利用可能。お子さん一人につき30時間まで。

ひとり親家庭等家事・育児支援

豊島区では、小学校終了までのお子さんを持つひとり親家庭等にヘルパーを派遣

ひとり親等要件発生日から1年間は30時間まで無料。小学校終了までは30時間まで料金900円で家事育児の援助が受けられます。

千代田区 病児・病後児保育の助成-ベビーシッターの利用料補助

生後57日目から小学校6年生までのお子さんが病気で保育園や小学校に登園・登校させることが困難な時期に、ベビーシッター等の派遣を受けた保護者に対し、派遣に要した費用の一部を助成することにより、保護者の経済的な負担の軽減をはかり、保護者の子育てと就労の両立を支援

利用料金の2分の1(入会金、年会費、登録料などは除く)。 お子さん1人あたり年度内(4月1日から翌年3月31日まで)4万円まで。

足立区 病児保育(在宅型)利用料金の助成

月齢6カ月から12歳(小学校6年生)までの足立区内在住の児童に、在宅の病児保育サービスを利用料金の一部を助成。

1時間1000円の助成を1日10時間まで、1回の病気で7日まで、年間40000円まで。

文京区 訪問型病児・病後児保育利用料助成制度

生後4ヶ月から小学校3年生までの児童に、ベビーシッターの派遣等在宅の病児、病後時保育サービスを利用料金の一部を助成。

助成対象サービスの半額を助成。児童1人あたり、1年度内40,000円が助成上限額。

文京区 子育て訪問支援券事業

満2歳未満の乳幼児を対象に、指定のベビーシッター事業者で利用可能な子育て訪問支援券

年48回まで、1人1時間1000円(2人目以降500円)でベビーシッターが利用可能

北区 病児・病後児保育(居宅訪問型)利用料金の助成

月齢6か月から小学校未就学の児童に、民間のベビーシッター事業者等が実施する病児、病後時保育サービス利用料金の一部を助成。

利用料金1時間につき、1,000円(上限)1日は10時間まで一病気につき7日間まで。児童1人あたり、1年度内40,000円が助成上限額。

台東区 居宅訪問型病児・病後児保育 利用料助成制度

月齢6か月から小学校6年生までの児童に、対象のベビーシッター事業者等が実施する病児、病後時保育サービス利用料金の一部を助成。サービスの利用前後7日以内に医療機関を受診しているこ とが必要。

保育利用料の半額を助成(勤務先等の福利厚生など助成を受けている場合、その額を差 し引いた金額の半額)。児童1人あたり、1年度内40,000円が助成上限額。

清瀬市 子育て・キラリ・クーポン券

市内在住の0~3歳のお子さんのいる家庭の保護者を対象にクーポン券(子育て支援バウチャー)を配布。所得制限はなし。(要申請)

ファミサポなど子育てサービスに利用できる6,000円分のクーポン券(事業券)と、商品購入に利用できる4,000円分の商品券

企業の福利厚生として登録されているサービスの育児補助割引券

企業で福利厚生の一環として子育て支援に関する補助金を出していることは良くあります。内容は個々の企業によって異なりますので働かれている会社に問い合わせてみられることをお勧めしますが、ここでは企業から福利厚生をアウトソースされている会社の育児支援補助についてご紹介しておきます。

ベネフィットステーションすくすく倶楽部

ベネフィット・ワンでは、子育ての強い味方、育児補助「すくすくえいど」や各種セミナーの開催など、さまざまな特典が用意されています。

ベビーシッターなどの料金補助1時間300円と700円の2つのコース。1日2時間まで、月間30回まで。また、サービスにより初年度年会費が無料になります。

リロクラブ 福利厚生倶楽部

リラックスコミュニケーションズが提供するリロクラブにお勤めの企業が入会されていれば子育て支援サービスの割引券が使えます。

ベビーシッターなどの料金補助1時間300円〜700円。また、サービスにより入会金や年会費が無料になります。

WELBOX ベビーシッタークーポン

イーウェルが提供するWELBOXにお勤めの企業が入会されていれば子育て支援サービスの割引券が使えます。

ベビーシッターなどの料金補助1時間300円〜1000円。また、サービスにより入会金や年会費が無料になります。

JTBベネフィット えらべる倶楽部

JTBベネフィットが提供するえらべる倶楽部にお勤めの企業が入会されていれば子育て支援サービスの割引券が使えます。

ベビーシッターなどの料金補助1時間300円〜1000円。また、サービスにより入会金や年会費が無料になります。

リゾル ライフサポート倶楽部

リゾートソリューション株式会社が提供するリゾル ライフサポート倶楽部にお勤めの企業が入会されていれば子育て支援サービスの割引券が使えます。

ベビーシッターなどの料金補助1時間700円。また、サービスにより入会金や年会費が無料になります。

ベビーシッターなどの育児支援サービス補助料金のまとめ

ここまでご紹介してきた補助、割引券の額などを表にまとめます。詳細については補助を行っている団体などにご確認ください。

ベビーシッターなどの育児支援サービス補助料金
ベビーシッター育児支援(こども未来財団) 1日1回の利用で料金1700円の割引
産前産後休業時育児支援(こども未来財団) 利用料金から1700円の割引。1日1回年度内に4回まで。
双生児等多胎児家庭育児支援(こども未来財団) 2人の場合は9000円、3人以上の場合は18000円
杉並子育て応援券 1日最大5000円割引
渋谷区病児病後児保育利用料金 1時間につき料金1000円の割引
世田谷区さんさんサポート 1歳まで2時間無料(3回)
新宿区ひとり親家庭家事援助者雇用助成 所得に応じて、助成額(自己負担金)は異なる
豊島区育児支援ヘルパー事業 1時間料金900円で利用可能(30時間)
豊島区ひとり親家庭等家事・育児支援 1時間料金900円(1年間は無料)で利用可能(30時間)
足立区病児保育(在宅型)利用料金の助成 1時間1000円の割引(1日10時間,1回7日,年40000円)
千代田区 病児・病後児保育の助成-ベビーシッターの利用料補助 利用料金の2分の1(入会金、年会費、登録料などは除く,年40000円)
文京区 訪問型病児・病後児保育利用料助成制度 利用料金の2分の1(入会金、年会費、登録料などは除く,年40000円)
文京区 子育て訪問支援券事業 年間48回まで、1000円でベビーシッター利用
北区 病児・病後児保育(居宅訪問型)利用料金の助成 1時間1,000円の割引(入会金、年会費、登録料などは除く,1日10時間,月7日年40000円上限)
台東区 居宅訪問型病児・病後児保育 利用料助成制度 利用料金の2分の1(入会金、年会費、登録料などは除く,年40000円上限)
清瀬市子育て・キラリ・クーポン券 お子さん1人に対して、年度内に事業券6,000円分と商品券4,000円
ベネフィットステーションすくすく倶楽部 1時間300円~1000円割引,サービスにより入会金年会費が無料
リロクラブ 福利厚生倶楽部 1時間300円~1000円割引,サービスにより入会金年会費が無料
WELBOX ベビーシッタークーポン 1時間300円~1000円割引,サービスにより入会金年会費が無料
JTBベネフィット えらべる倶楽部 1時間300円~1000円割引,サービスにより入会金年会費が無料
リゾル ライフサポート倶楽部 1時間700円割引,サービスにより入会金や年会費が無料